かこは

ハンドメイド沼

左利きの左利きによる左右利きのための万年筆調整邪道講座!


そして、万年筆のインクフローを絞る、しゃびらせる、さらに禁断のリューター調整?!

わたし…

文房具、文具というものに
本当に惹きつけられるんです。

なかでも万年筆が大好きなんです。

といっても
コレクションするほどではありません。
少しいいのが2、3本あれば十分です。

ほとんどのシーンでは
同時に何本も使えませんからね。

ところがわたしにとって
万年筆を使うということは
わりとハードルが高いのです。

なぜなら左利きだからです。

基本的に、右利きと比較して
インクフローが渋いので
モノによっては紙にインクが乗りません。。

それとニブ先が紙にあたるポイント?
というのでしょうか…

これも多少ずれているので
やはり書き心地に大きく影響します。

そんなわけで、わたしの場合ですが
ど素人の手前ペンクリを施さない万年筆は
ほぼ皆無といっても過言ではありません。

万年筆好きな左利きのひとつの悩みです。

ご注意:

以下に、わたしなりのやり方などを記載しますが、これはわたしのやり方であって正しいとか間違ってるとか邪道とかかもしれません。

あくまでも「へぇ~、そうなんだ!」程度にご覧になっていただければ有難いです。

インクフローを絞る、しゃびる

インクフローを絞る場合は
ニブの両サイドから親指で中心斜め上に押すようにして
切り割り(インクの流れる道)を狭めるようにします。


インクフローをよくする場合は
ニブ反対側の両サイドにある出っ張りを
親指で斜め下外側に広げるようにします。

それで切り割りが広がります。


それらの作業によってインクフローが
絞られる、しゃびるなど変化してきます。

が、、、

そのことでペンポイントがずれて
カリカリした不愉快な書き心地になることも
しばしばあります。

それを調整するのに#3000や#10000などの
「ラッピングフィルムシート」
を使い、ペンポイントの(わりと両サイドより)を
ちょっとずつ磨いて調整します。


*ラッピングフィルムシート(#10000)

場合によっては、
切り割りを隔てた左右のペンポイントを
上下に手で調整する場合もあります。

とにかくペンポイントは
本当にごくわずかずついじったほうがいいです。

へたすると死にますので、、

禁断の?リューター調整

一応、禁断かどうか知りませんが
ペンポイントをリューター調整した動画を撮ったので
載せておきますね~。

インクフロー調整も撮ればよかったなぁと
あとで後悔しました、、

*ラジオなどがかかっている状況下で撮影したため、余計な音が入ってますがご了承ください。

使用しているリュータービットは
鏡面仕上げ用のものです。

また、ルーペなどを使いペンポイントを見たりしますが、見たところで大半の場合まったくわからないので、ほぼ書き心地で調整しています。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2018 かこは

テーマの著者 Anders Norén